トヨタRAV4 2014年 レビュー #3

2022-05-07
46
35
トヨタRAV4 2014年 レビュー #3 - SUV, 第4世代, ガソリンエンジン、2.5リットル、180馬力, 四輪駆動, 自動 | コンシューマーレポート, 写真 1

仕様:

  • トヨタRAV42014
  • 車両年: 2014年
  • SUV
  • 第4世代
  • ガソリンエンジン、2.5リットル、180馬力
  • 四輪駆動
  • 自動
  • ハンドル 左
  • トヨタRAV4 2014年 レビュー #3 - SUV, 第4世代, ガソリンエンジン、2.5リットル、180馬力, 四輪駆動, 自動 | コンシューマーレポート, 写真 1
  • トヨタRAV4 2014年 レビュー #3 - SUV, 第4世代, ガソリンエンジン、2.5リットル、180馬力, 四輪駆動, 自動 | コンシューマーレポート, 写真 2
  • トヨタRAV4 2014年 レビュー #3 - SUV, 第4世代, ガソリンエンジン、2.5リットル、180馬力, 四輪駆動, 自動 | コンシューマーレポート, 写真 3

拡大

崩壊

コンシューマーレポート

こんにちは!

これは私の最初のレビューです!ことわざにあるように、すべてが相対的です。

だから私はおそらくほとんどの車の所有者のように、十分な車があったという事実から始めます、そして私は車からトラック、バス、そして特別な機器に至るまで、車の膨大なリストを運転しなければなりませんでした.. 。

RAV-4の前に、彼は3L構成で2008年の三菱Outlenderを所有していました。 220 HP 70,000マイルを使用して購入しました。一般的に、これらのエンジンの走行距離はありません。車は火事でした!黒体、ベージュの革のインテリア、四輪駆動、ネイティブのRokFord音楽など...車は本当に良いです、信頼できます、しかしどういうわけかそれはうまくいきませんでした...私がそれを買ったので、私は決めましたラリーを手配する、それはすべてそれから始まりました...。高速道路に沿ってラックが突き刺さり、高速道路に沿って運転することはできませんでした。私は最寄りの都市に巡航速度で行き、サービスステーションを見つけて故障を取り替えることを期待して夜を過ごす必要がありました。交換すると、ブレーキキャリパー付きの小さなストックもいくつか明らかになりました。さて、大丈夫、彼らはそれを修正し、それを潤滑し、飛んだ...

しばらくして、ステアリングラックが​​ガタガタと音を立て、完全に修正された別の修理で問題が解決しました。しかし、1週間後、ラジエーターが漏れました...しかし、どうですか?さて、行くところがないので、修理する必要があります...少し後、振動が発生し、長い間診断できませんでした。問題はドライブ、つまり内部SHR(出力)にあることが判明しました。 。さらに、通常の2気筒キャリパーが休憩時間に小雨を降らせ始めました...私が何をしたとしても、どのように問題を解決しようとしなかったのか、何も役に立ちませんでした。そして、レムキットとポンプと新しいものをすべて1つに...後で私はサイレントブロック、リアレバー、ギアボックスのオイルなどを交換しました...ある日私は目を覚ましてすべてを決めました、私は売る必要があります...

それで、長い選択と比較の後で、私はRAV-4に立ち寄ることに決めました。基本的に2.5リッターエンジンを搭載。選んで獲得した後、私は天と地に気づきました。

装備はほぼ最大の「プレステージプラス」、ツートンカラーの革のインテリア、快適なフィット感、アウトレンダーよりも少し狭いスペースですが、まったく重要ではありません。後で判明したように、後部座席を広げてマットレスを敷いた状態で夜を過ごすのは一般的に快適です。特に私の身長は197cmです。

一般的に、車について...アウトレンダーと比較して、馬力の差が220と180 = 40 hpであるにもかかわらず、車のダイナミクスははるかに優れているように見えました。しかし、このパワーの違いは、上り坂や高速で運転しているときにのみ顕著になります。管理はより安定していて簡単です。座り心地が良く、背中が疲れません。すべての補助コントロールが手元にあります。より良いダイナミクスを備えた燃料消費量ははるかに少ないです。 2リットルのボリュームとCVTだけで、私が同様のRAVを運転しなければならなかったことも注目に値します。私はあなたが比較するべきではないことをすぐに言わなければなりません、これらは異なる車です!

3年間の運用で、私はオイルの交換から交換、そしてフィルターとガソリンの給油であるはずのヒープに移行します。大規模な修理から、交換されたリンク、スタビライザーブッシング、およびサイレントブロックのペア。予想通り、ブレーキパッド。他のすべての点で、私は登ることさえしません、必要はありません。すべてが機能しています。そして、思い出しました...別の診断の後、4つのハブノードすべてを交換する必要がありました。本当に少し騒がしかった…長い間、私はどのハブを理解することができませんでした。診断後、4つのうち3つであることが判明しました。すべてを変更しました。

追加する特別なものはありません。私は毎日乗っています。決して私をがっかりさせないでください…冬、夏、街中、高速道路、自然の中、森の中、それは問題ではありません。オフロードではありませんが、四輪駆動は彼のものを知っています。追加のブロッキングも役立ちました。一般的に、まともな車、私は家族とさえ言うでしょう!


車の購入年: 2019年

マイレージ: 83903 mi。 (135000 km。)

高速道路の燃料消費量:

  • 34 マイル/ガロン (米国)
  • 40 マイル/ガロン (英国)
  • 7.5 l / 100km

市内の燃料消費量:

  • 20 マイル/ガロン (米国)
  • 24 マイル/ガロン (英国)
  • 12.0 l / 100km

カテゴリー: トヨタRAV4 2014年 レビュー

著者: 1432250

ビュー: 128

46
35

コメントコメント

35
コメントを追加
9
9342397 2022-05-23 (12:30)

カムを買う!国内メーカーを応援していただければ幸いです!

F
Fotograf2015 2022-05-23 (12:30)

私は買う準備ができています、私はただ幸せが何であるか知りたいです!

8
888 2022-05-21 (12:30)

やあみなさん!起きてください!なぜ誰かにあなたの意見を押し付けるのですか?その男はAuteで問題にぶつかった。私は古い熊手を踏まないで、より確実に車に乗ることに決めました。 Ravが気に入らない場合は、好きなものを選んでください。トヨタ、日産、三菱が退屈な人にとって、彼はおそらく一般的にジグリを運転します。操作経験と好みに基づいて、好きなものを選んでください。

Y
Yozeff-goj 2022-05-17 (12:30)

あなたがそれの世話をするならば、アウトは十分に堅実な車です。記載されているものはこのカテゴリーに属していなかったので、落ちました。コスト差は大きくありません。

J
Jonib 2022-05-11 (12:30)

私の義父は2014年に4を持っています。私が好きではない唯一のものは、堅いサスペンションとストーブです。彼との気候問題はすでに3回ほど洗い流されました。彼らは新しいものを取りました。真の2リットル

M
Misha-mihail 2022-05-09 (12:30)

したがって、RAV4は最初は多くのクラスメートよりも高価です。したがって、そこからより高い残差値を期待することは論理的です。 無敵も相対的な概念です。すべてが壊れます。私たちの地域では、彼らが修理に煩わされることはめったにありません。彼らはウラジオストクの中古ユニットを右ハンドル車から持ってきて、すべてを大きなユニットに変えます。そして、彼らは誇らしげに、エンジンやボックスに登っていなかったと言います)))

A
Aleksey 2022-05-09 (12:30)

すべての日産とすべての三菱のように。

1
19362547 2022-05-09 (12:30)

そしてX53リットルがあります!しかし、トヨタとドイツ人を比較することは明白な意味がありません。

S
Sergey 2022-05-09 (12:30)

クランクシャフト-1!

B
Brigadir 2022-05-09 (12:30)

300頭の馬、鈍い車?そのような会話はいつも素晴らしいです。私はオートマチックトランスミッションで150頭の韓国馬を運転します-常に流れの前に、迅速に、経済的に。 17年間のハンドルの後ろと約70万の個人的なマイレージ..どこでもっと欲しいですか?なぜ300頭の馬が必要なのか、どこに乗るのか?))Ravchikfire-2.5は単なるスーパーカーです。

コメントを追加